特定福祉用具の販売

専門のスタッフが住み慣れた家・地域での生
活をサポートする福祉用具を選定をさせてい
ただきます。

アーサでは、ケアマネージャーなどのご利用者様の日常生活をサポートされている方々と連携し、一人ひとりに合った福祉用具の選定を行っています。

お体の状態や住環境などを実際に確認させていただき、ご本人様やご家族様のご要望をしっかりとお聞きしたうえで、最適な福祉用具をご提案いたしま
す。

介護保険サービスを利用する場合は・・・

介護認定を受けられている方は、下記の特定福祉用具が年間10 万円を上限として1 割~ 3 割の自己負担でご購入いただけます。
(年間限度枠10 万円を超えた部分は全額自己負担となります。)

※介護保険サービスを利用する際は都道府県の指定を受けた、指定業者から購入する必要があります。詳しくは、行政介護保険窓口、地域包括支援センター、またはケアマネージャーにお問い合わせください。

特定福祉用具5品目

介護保険で購入できる特定福祉用具は以下の5品目です。

腰掛便座

腰掛便座

自動排泄処理装置の交換可能部品

自動排泄処理装置の交換可能部品

入浴補助用具

入浴補助用具

簡易浴槽

簡易浴槽

移動用リフトのつり具の部品

移動用リフトのつり具の部品

SNS

Youtubeで障がいを持つかたの住環境等を動画でご案内しています
インスタグラムでも情報を配信しています

販売の流れ

ご相談

当社の専門スタッフがご本人様のお身体の状況にあった福祉用具選びのお手伝いを行います。                             
介護保険制度について分からないことがあればお気軽にご相談ください。

STEP
1

事前申請( 市町村等による)

介護保険を利用される場合、福祉用具の必要性についてお住まいの市町村に事
前申請が必要となります。

STEP
2

納品・お支払い

専門スタッフより商品の適合状況の確認、使用方法・使用上の注意店などを説明いたします。
お支払いは、商品と引換で現金にてお支払いいただきます。

※介護保険を利用する場合、市町村によっては自己負担のみお支払いする「受領委任払い」が可能な場合があります。

STEP
3

福祉用具購入申請

介護保険を利用される場合は、特定福祉用具購入申請所と領収書、カタログの
コピーを市町村に提出します。

STEP
4

差額金額の振込

書類審査後、福祉用具購入費が認められましたら、お住いの市町村より福祉用
具購入費の9 割分が支払われます。(一割負担の場合)

お住まいの地域に応じた手続きをご案内いたします。

STEP
5

介護建築や福祉機器の
ご相談はお気軽に!

介護建築や福祉機器のご相談はお気軽に!

ご相談に対する、費用は一切かかりませんので、お気軽にお問合せ下さい。

  • 事故で車椅子の生活をするのに、今の家で生活が出来るか不安だ・・・
  • 病気で麻痺があり、退院後の生活が不安で家族も心配している・・・
  • 子どもに障がいがあり、子どもの成長とともに私の体力が不安だ・・・
  • 建替えを考えているが、年を取った時の生活を考えると、大丈夫か・・・
  • 両親の足腰が弱くなり、転倒して心配ごとが増える・・・
  • 高台で道路から玄関まで階段があり、引っ越しも考えている・・・
  • 賃貸住宅に住んでいるので、どうしていいのか良くわからない・・・