「自立」とは何ですか?
 

 あなたの考える、「自立」の意味を教えて下さい。
 この問いに対して多くの方は、「漢字から見ても、自分で立つと書くので、自分で何でもできること。」と答えられるのではないでしょうか。

 「自立」と言う言葉を辞書で調べてみました。大辞林第三版によると「他の助けや支配なしに自分一人の力だけで物事を行うこと。ひとりだち。独立。」と記載されています。また、デジタル大辞泉によると、「他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。」とあります。
 みなさんは、この2つの辞書の中で気になる言葉がありませんか。
私は、「支配」「従属」という言葉がとても気になります。
 ではなぜ、このような表現になっているかについて調べてみると、どうやら英語の「independence」を和訳するときに、「自立」と訳したことにあるようです。
 こうしてみてみると「自立」とは、とても大きな力で押さえつけられて人が、その支配や従属の関係から、解放されることを意味することになります。

 障がいを持つ方の法律があります。今の法律名は、「障害者総合支援法」です。しかし、今の法律名になる前は、「障害者自立支援法」という名前でした。
 この「障害者自立支援法」という法律を策定した、厚労省の担当者の多くも「自立」という言葉を、自分で何でもできることと捉えた上で、自分でなんでも出来た方が幸せに決まっているのだから、それを支援するために「自立支援法」という法律を作ったのです。しかし、この法律は、障がいを持つ方の法律でありながら、障がいを持つ当事者の方が、法律策定の担当者として採用されていないばかりか、当事者の方の声も聴かずに法律を作ったことが、後の裁判でわかりました。
 そして、この法律の中では、国は税金を使って支援をしてあげるのだから、支援をしてもらう障害者自身も、この支援で発生する費用の1割を負担して下さいという「応益負担」を盛り込みました。(それまでの法律では応益負担はありませんでした。)
 ここで、質問です。あなた自身が、もし障がいを持つ当事者だったとしたら、この国の一連の流れをどう思われますか?
 
 平成17年10月31日の「障害者自立支援法」が国会で可決された日からちょうど3年目にあたる平成20年10月31日に、全国8か所の地方裁判所で、障害者自立支援法が導入した「応益負担」は、憲法の定める「法の下の平等(憲法第14条)」に反し、「生存権(憲法第25条)」を侵害し、「個人の尊厳(憲法第13条)」を毀損する等として、29名の障がいを持つ方と障がいを持つ親の方1名の、合わせて30名の方が裁判所に対して憲法訴訟を提起し、その後も多くの障がいを持つ方々が、次々に訴訟をおこしたのでした。
 その結果、国は平成22年1月7日に、原告団に対して、今後の障害福祉施策を、障がいのある当事者が社会の対等な一員として安心して暮らすことのできるものとするために最善を尽くすことを約束しました。また、和解にあたり、今後の新たな障害者制度全般の改革のため、障がいを持つ当事者の方を中心とした「障がい者制度改革推進本部」を速やかに設置し、そこにおいて新たな総合的福祉制度を策定することも約束しました。そして平成25年に法律の改正に至ったのでした。

 障がいを持つ方の法律について触れましたが、良く考えると私たちの社会のルールとなる法律は、すべて障がいを持っていない方が作成していることが分かって来ました。ということになると、障がいを持っていない方を基準としてルールがつくられているのであれば、障がいを持つか方にとって、この社会はどのように感じておられるのでしょうか。
 また、変化が激しい今の社会においては、競争が激化して、効率を良くするために無駄が削られ、スピードが求められる傾向が強くなっています。学校においても、「ゆとり教育」をやめて、偏差値教育に力を入れることで、取り残こされて行く子どもたちが苦しむ結果を招いています。
 たとえばあなたが、発達に障がいを持つお子さんの親の立場として考えてみて下さい。
 子どもが大人になった時に、この子はちゃんと社会で生きて行けるのかしらと、不安を感じることになりませんか。
 もし、そうだと感じることがあるのであれば、あなたは、どのような子育てをすることになるのでしょうか。
 こうして考えて行くと、私たちの社会は、障がいを持つ方にとっては、「生き難い社会」になってしまっているように感じるのです。

 私たちは、知らず知らずのうちに、障がいを持つ方にとって、自分で出来ないことはとても不利なるので、障がいを持たない健常者に近づくことが出来れば、幸せになれるのではないかと、「錯覚」を起こしてしまっているのではないでしょうか。すなわち、障がいを持つ方は、どんどん追い込まれていくことになり、この関係性を、言葉で言い表すのであれば、それはまさに「支配」や「従属」につながる言葉が当てはまることになってしまうのです。

 ユニバーサル社会を考えて行く中で、あなたにとっての「自立」とは何かと言うことを、もう一度考えてみる切っ掛けにしていただけば幸いです。

                                     代表取締役 朝尾 浩康

足は尾びれ、手は背びれ    

 先日、利用者のお宅で訪問リハビリに来ていた、理学療法士のA氏に会った時の話しです。
 A氏は、病院で臨床を5年間経験し、現在大学院で神経発生学の研究をしながら、リハビリステーションの臨時職員として訪問リハビリをしているとのことでした。
 ご利用者は、65歳の男性の方で、3年前に脳梗塞で入院され、右上下肢の麻痺に加え、失語症・高次脳機能障害もあり、手術後転院され、リハビリ専門病院2ヶ所で約6ヶ月間、急性期と回復期のリハビリをされてから退院されました。自宅に帰ってからも1年6ヶ月に亘り、訪問リハビリで機能回復訓練をされておられましたが、立位保持は厳しく、車いす生活でした。その後、約1年前から訪問リハビリの担当がA氏になり、週1回1時間のリハビリをされたそうです。しかし残念ながら、A氏は急に研究室が他府県に変わるので、今日が最後の日になってしまったのです。
 奥様から電話で、ぜひ主人に会いに来てほしいと連絡を貰いましたので、訪問させていただくと、目の前には杖も付かずに、麻痺側の足に装具をはめた足を引きずりながら、しっかり歩いておられる、ご利用者の姿がありました。その姿は、以前の険しい顔から、想像が出来ないくらい穏やかで、言葉もしっかり聞き取れるように成られていました。

 リハビリは、和室の畳の上で行なわれていました。利用者が部屋の真ん中に座り、麻痺側の握られた手を、健側の手で必死に開けようとしている利用者に向かい、A氏は「だんなさん、そんなに無理に開けることは、不自然だからやめましょう。」と伝えました。その後A氏は、利用者を畳の上に大の字で寝かせて「だんなさん、力を抜いて腰を左右に動かして下さい。」との声を掛けました。利用者も左右に腰を振り始め、力が抜けスムーズに腰が回転したその時、「ほら、今、手は開いていますよ」。微笑みながら話すと、利用者も、とてもうれしそうな笑顔で「本当ですか、開いていますか」と確認しながら、腰を振り続けていました。
 次に両手を、両耳に当てて、大きく背筋を伸ばしたり、力を抜いたりを繰り返し、その後、首を左右に動かし、首の動きに手と足を合わせて、同時に左右に大きく伸ばす運動をしました。その時A氏が利用者に、「だんなさん、足は魚で言えば尾びれと同じです。手は魚で言えば背びれと同じなんです。無理に手を開けよう、足を曲げようと思えば思う程、力が入りうまく行かないですよ。足は腰がうまい動かせなければ動かないですし、手は肩甲骨の後ろの部分が動かしているのですよ。」と話し掛けました。
結局、小一時間の間、直接体に触れられることは、ほとんどありませんでした。
 A氏は、この一年間のリハビリを、日常生活をベースとして、ベッドを止めてふとんに変え、ふとんの上げ下ろしを生活の中に取り入れたり、正座の練習をしたそうです。


 現在、日本のリハビリテーションの、脳血管障害に対する考え方の多くは、急性期、回復期、維持期に分けられ、急性期は発症直後から廃用症候群の予防と、早期からの運動学習による、セルフケアの早期自立を最大の目標とし、回復期リハビリテーションは、出来るだけ早期に最大の機能回復を目指して行われ、維持期リハビリテーションは、獲得した機能を出来るだけ、長期に維持するために実施されています。
  
 利用者の場合、発症後2年も経過してからの維持期において行われたにも関わらず、回復期のような機能回復の成果から見れば、医療保険制度の無謬性に疑問を感じざる得ません。すなわち、日常生活における脳の可塑性に対するアプローチは非常に有効的で有り、維持期においても機能回復のエビデンスを集積して、医療保険での対応が出来るように取り組んでいくことで、多くの患者様のQOL向上につながり、しいては医療費や介護保険費の削減につながるのではないでしょうか。
疾患情報
  骨粗鬆症と骨折
 日本には、約500万人の骨粗鬆症患者がいるといわれています。特に女性に多く、50歳代では4人に1人が、70歳代では2人に1人が骨粗鬆症です。また、現在問題に上げられている、約90万人といわれる寝たきりの原因の第3位が、骨粗鬆症による骨折なのです。(第1位脳卒中・第2位老衰)
骨粗鬆症の発症
骨粗鬆症とは骨量が減少し、骨がスカスカになり、ちょっとした転倒でも骨折を起こしやすくなった状態です。痛くもかゆくもなく、深く静かに進行していくので、沈黙の病気といわれています。骨は骨代謝により絶えず新しい骨に変わっています。古くなった骨を破壊する「破骨細胞」と破壊された骨を元の形に再生する「骨芽細胞」によってできています。この骨代謝のバランスが崩れた時に骨粗鬆症が起こります。
骨の強度を保つ骨量は青年期になると増加の速度 が速まり、20代でピークに達します。その後加齢に より骨量は減少していきます。女性は閉経によって 骨を保護する役割を担う女性ホルモンの分泌が低 下するため、骨量が急激に減少し、65歳〜70歳に は青年期の最大骨量の50%まで減少してしまします。
    
骨粗鬆症と住環境(転倒予防)
骨折の原因のほとんどは転倒により起こっています。転倒の原因として、加齢よる身体的変化により、歩行が不安定になることが上げられます。
@歩行時、つま先がしっかり上がらず(約15mm)、小さな段差にもつまづき易い。
A平衡感覚が低下し、バランスを崩し易い。               
B崩したバランスを回復する能力が低下している。などが上げられます。
 転倒を防ぐためためには、まず、つまずきをなくすための段差解消が不可欠です。大きな段差よりもむしろ、小さな段差や、カーペットのめくれなどが油断しがちで、つまずき易い要因です。また、身体の重心が大きく動く場所、片足立ちが必要な場所といった、トイレ、浴室、階段、玄関等には手すりを設置し、手掛かりとなるものを取り付けておきたいものです。浴室は床が濡れていることが多いため、滑りにくいタイル仕上げにしたり、滑り止めマットを敷くなど、滑らないための対策が必要です。
骨粗鬆症の予防
カルシウムの摂取については、カルシウムとマグネシウムを、バランスよく取らないと、体に蓄えにくいことが、最近になって分かってきました。その割合は、カルシウム2に対してマグネシウム1が理想のバランスです。このバランスが崩れると、カルシウムを沢山とっても、骨からカルシウムが溶け出し、骨折や骨粗鬆症の原因になるそうです。
骨盤は身体の中心で、上半身と下半身をつなぐ骨です。この骨盤を動かすことで、全身の骨が動き、刺激が与えられます。さらに歩くことは、骨に刺激を与え、骨を作る働きを活発にさせます。この骨盤と歩くことを意識した、効果的な方法が「モンローウォーク」なのです。   ぜひ、実践してみて下さい。